2016/12/25 15:05



ウェリントン・ボストン・ブロウ・スクエア・ラウンド・リムレスなど
眼鏡にも沢山のデザインがあります。
ここ最近お客様から『長く使える形が欲しい』というご要望を多くいただきます。

身近なファッションアイテム、ジーンズで言えばリーバイスの501のような存在でしょう。
しかし、正直なところそういった眼鏡って皆無かなと思っています。
と言うのも身につけるものは時代によってかなり移り変わりが激しい。
同じ品番でも細くなったり太くなったり、
ファッションの流れに合わせて微妙な変化をつけています。
なぜ同じ品番なのに形が変わっているのだろう。
きっと、その時代のベーシックを読み解いた結果、
501というポジションをどこに位置づけるか、
作り手が時代の感覚をデザインに落とし込んでいるからだと思います。

では、眼鏡にとってのベーシックな形というのはどんなものだろう。
その人の〝顔〟になるような〝存在〟を印象付けるような形こそ
スタンダードに長く使える眼鏡であると僕は考えます。
『このブランドのこの形がベーシック』ではなく、
100人いれば100通りのベーシックがあるのです。


静岡発タブロイド誌『Baratee/メガネコラム』より

Baratee
Baratee FB
Baratee instagram